木霊を求めて

木霊を求めて                木霊を求めて

 1995年作  (48××70cm)
 1995年   カンヌ日本文化フェスタ  (日本親善文化大使として)
                   「戦後日本美術総集」収録
 1995年   75回朱葉会展
 1996年   全国選抜展      佳作 受賞
 1997年   <走る美術館>    (JR山手線内展)  1998年   ギリシャのヴォレス美術館に収蔵  2004年   4th Ecology Earth Art 工芸部門大賞受賞  2008年          「文化展望Vol.26」掲載  2009年   A.M.S.C創設15周年プロジェクト                 「ART MAISON INTERNATIONAL Vol.14」収録  2012年   「遊朴館」個展 バブルたけなわの頃、人間の生き方そのものについてのバランス感覚が、日本全体で少しおかしくなっているのではと危機感を覚え、 この作を刷り上げました。ハイテクの粋を集めて増殖してゆく現代ビル群、それ自体は素晴らしいのです。が、50年後、100年後までを 考えると、何かが欠けているような感じがします。   例えばそれを木霊の住めるような大樹と仮定しましょう。幻の大樹、それは大都会からはすっかり姿を消してしまった自然の象徴です。我々人間は生命体の母船・地球号によって生かされているのですから、人間が生み出す科学技術を始め、日々の行いの全ては地球の 大自然との調和点、つまりはバランスのとれた状態を常に求めてゆかなければと思うのです。そこでビル群の背景に幻の大樹を配し、 ”木霊を求めて”とタイトルを付けました。世界の将来は我々一人一人の生き方にかかっているのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください