アンデス文明の譜 Ⅵ

アンデス文明の譜 Ⅵ

               アンデス文明の譜VI

2003年作  (50×65cmm)
2003年  59回ハマ展
2011年  クオリア画廊  <未来に遺すべきJAPAN ARTの今>展
2012年  彩空間・小石川LEXUS展
2012年  「遊朴館」個展
2013年  ル・サロン展
2014年  「日本芸術の創跡 Vol.19」収録
2015年  MINERVA X in LONDON エリザベス女王在位最長を祝して記念展ティアラを授かる
2015年  画集「母船・地球号への祈り」収録  
 
 ナスカ文化とインカ文化の間には約1000年前後の時間の隔たりが有ります。しかしどちらもアンデス山脈沿いに暮らした原住民が花開かせた文化です。そこで両者を総括してアンデス文明として捉え、その文明の糸を紡いで来た原住民の命を讃え此の作を作りました。ナスカの地上絵とインカ帝国時代に織られた綴織の模様を融合させています。                      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください