母船・地球号の守り Ⅶ

母船・地球号の守り Ⅶ

            母船・地球号の守りVII

2012年作  (50×65cm)
2012年   「遊朴館」個展(斐高14回生古稀記念同窓会によせての高山個展)
2013年   52回旺玄会神奈川支部展 読売新聞社賞
2013年   79回旺玄展
2013年   「日本芸術の創跡 Vol.18」収録
2014年   「日本芸術の先駆者たち」展(文芸春秋画廊)
2014年   ル・サロン展
2015年   第6回世界平和芸術家協会展
2015年   「Art Journal Vol.82」収録 菊花鳳凰賞
 
 大宇宙の虚空に私達が自らの生命を委ねる青い星・地球号が見えますが、産業革命以来化石燃料を大量消費した結果、母船・地球号の温暖化が問題となっています。 
 そこで現代人は、温室効果ガス観測技術衛星”いぶき”を打ち上げ、地球環境を守ろうと努力しています。
 それで、その母船・地球号の周りには、戊亥年の守護仏・阿弥陀如来と辰巳年の守護仏・普賢菩薩の梵字をデフォルメした雲をたなびかせ、更に黄道十二宮(古代バビロニアの天文学から生まれ、古代ギリシャを経て、欧州に伝わった西洋古代の宇宙観を表す図象)上に、冬の神で北の守護神である玄武(古代中国の天文学から生まれ、朝鮮や日本に伝わった東洋古代の宇宙観を表す四神説の内の一つ)を現出させ、温暖化を防止して地球を守ろうと頑張っている人々をお守り下さいと祈願しました。
 これで地球環境保全を祈る”母船・地球号の守り「四神シリーズ」”の完成です。これまでの皆さんのご支援に心から感謝申し上げます。

母船・地球号の守り Ⅵ

母船・地球号の守り Ⅵ
母船・地球号の守り VI

2011年作・・・(50×65cm)
2012年・・・・第51回旺玄会神奈川支部展   絵具屋三吉賞受賞
2012年・・・・第87回旺玄会全国展 「日本芸術の創跡17」に収録
2012年・・・・ル・サロン展
2012年・・・・「遊朴館」個展
2013年・・・・World Stamp Exhibition in Australia
2014年・・・・東日本大震災復興支援展(仙台、大阪)
2015年・・・・第6回世界平和芸術家協会展
2015年・・・・「Art Journal Vol.81」日本芸術殿堂作家として掲載される
2015年・・・・「日仏芸術家偉人伝」に収録  ヴェルサイユ宮殿に収蔵
2016年・・・・「Paris世界平和恩送りアートラベル展」で「日仏アート
     ラベル芸術栄誉金賞」を受賞
2017年・・・・「日伊王朝ワインラベル古都芸術祭」
                   平安神宮、石清水八幡宮に奉納
                   蔵元スキェナー・ヴィニに収蔵
2018年・・・・「〜平成美術史30年の軌跡〜平成最高峰の芸術家」で
      「平成国際遺産作家」として認定される
      「Art Journal Vol.94に掲載される
2020年・・・・世界基準国際芸術文化協会により「世界芸術殿堂作家」として
芸術の殿堂に登録され、インターネット美術館で発表され、
      「Art Journal Vol.102」で紹介される

 広島に原爆が投下されてから60余年、世界平和を祈り、核廃絶を訴え続けているのに、その願いはまだ実現されず、現代人は地球滅亡の危機に怯えています。そこで8月6日の原爆忌の夜に、人類の負の遺産・原爆ドームの前の川で行われる灯籠流しを取り上げ、核廃絶への祈りを表現してみました。
 更に古代バビロニアの天文学から生まれ、古代ギリシャを経て、欧州に伝わった西洋古代の宇宙観を表す黄道十二宮と、古代中国の天文学から生まれ、朝鮮や日本に伝わった東洋古代の宇宙観を表す四神説を融合させると同時に、21世紀の日本の科学の華・月探査衛星”かぐや”が宇宙から送って来た母船・地球号の映像の周りに、インドで生まれた仏教の八尊仏のうち、酉年の守護仏・不動明王と卯年の守護仏・文殊菩薩の梵字をデフォルメした雲をなびかせ、数千年の人類文明に一貫して流れる平和への祈りをも表現し、現代人の悲願・核廃絶への祈りの通奏低音としてみました。

母船・地球号の守り Ⅲ

母船・地球号の守り Ⅲ
             母船・地球号の守りⅢ

2010年作  (50×65cm)
2010年  89回朱葉会展
2010年  クオリア画廊展        「日本芸術の創跡16」収録
2012年  LEXUS展
2012年  フランス芸術最高勲章授与される 
                     「美術の杜 Vol.28」収録
2012年  「遊朴館」個展
 
 21世紀の人間は、化石燃料の大量消費によってもたらされた諸々の問題に対処しようとクリーンエネルギーの確保を始め様々な方法を試み、生命体の母船・地球号を守ろうとしています。それでその努力が報われますようにと、黄道上に現れた秋の神・白虎に祈ると同時に、羊・申年の守護仏・大日如来と、丑・寅年の守護仏・虚空蔵菩薩の梵字をデフォルメした雲を地球の両極になびかせ、地球号の無事を祈願しました。
 経済活動も社会組織もいろいろな歪みが生じ、地域社会も国も世界も内側から徐々に崩壊しているような感じで、”安心な生活”はだんだん遠のいて行くような気がします。それだけにも一度自然との調和に心致し、人間は太陽の恵みによって活かされている一自然物に過ぎない事を肝に銘じて、行動しなければと思うのです。

                                              

母船・地球号の守り Ⅰ

母船・地球号の守りⅠ

              母船・地球号の守り Ⅰ

2009年作  (50×65cm)
2009年   88回朱葉会展
2009年   12回西湖芸術博覧会  地球環境賞受賞
2010年   MINERVA 2010    国際女性栄誉賞受賞
       「MINERVA Ⅵ 
          (愛をあらわすミネルヴァたち」収録
2010年   ル・サロン展
2012年   小石川LEXUS展
2012年   「遊朴館」個展
2013年   「Premium Nippon-Best Art Collection 1773~2012」収録
2017年   正倉院が世界遺産に登録され20年になる記念企画
       [日本の芸術遺産と並ぶ平成の名作]において
       「天平勝宝芸術文化賞」受賞
2019年   新天皇・皇后即位記念「新しい日本の船出を祝う芸術祭」で
       「日本恒久皇芸術賞」受賞
     
 朱葉会展を観ての帰り道、上野公園の満開の桜の下を通る時にふと不安が胸をよぎりました。「このまま地球環境の悪化が進めば、将来世代の人々は桜咲く春の幸せを享受出来なくなるのでは」と。そして羽の美しさ故に乱獲され、人間の欲によって絶滅させられたトキ、”ニッポニア・ニッポン”の幻影が脳裏をかすめました。
 そこで月探査衛星「かぐや」が宇宙から送って来た我々の母船・地球号の映像が浮かぶ虚空に、絶滅させられた”トキ”の幻影が現れ、「人間の欲望を暴走させれば、地球号そのものが私達と同じ運命を辿ることになりますよ」と警告しているとして、人間が正しい道を進み、母船を守ることが出来ますようにと、黄道上に現れた春の神・青竜に祈る作ですが、更に午年の守護仏・勢至菩薩と、それと対をなす子年の守護仏・千手観音菩薩の梵字を雲のようにデフォルメして地球の両極上になびかせ、地球の守りを願いました。

玄武の風

玄武の風              玄武の風

2008年作  (50×65cm)
2008年   87回朱葉会展
2009年   日中祥慶展
2009年   A.M.S.C創立15周年記念展 A.M.S.Cスペイン芸術顕彰賞
      「ART MAISON INTERNATIONAL Vol.14」収録
2012年   小石川LEXUS展
2012年   「遊朴館」個展

 日本の中世には、既に優れた抽象芸術・枯山水の庭が造られています。掃き目の付いた砂で大海原を、数個の岩で”亀”の形をした島と、その島にあると云われる神仙が住む理想郷・鳳来山を表現した庭です。
 一方で、北の守護神・玄武は、蛇が巻き付いた黒色の”亀”と云われていますから、この想念の中での理想郷・枯山水の上空にこそ玄武をとイメージが湧き上がって来ました。
 南の朱雀が夏、東の青龍が春、西の白虎が秋ですから、玄武の季節は冬です。従って雪景色の枯山水が連想させる大海原の上空に黄道十二宮がかかり、そこに玄武が現れて、”寿”の風を吹き送っている図となりました。
 我々生命体の母船・地球号の環境が著しく損なわれ、世界のあちこちで紛争が絶えない今日、世界の平和と、世界の人々の幸せを願わずにはいられません。                                        
 

白虎の風 Ⅰ

白虎の風 Ⅰ                 白虎の風 Ⅱ

2007年作  (50×65cmm)
2007年   朱葉会秋季展
2008年   8th Ecology Earth Art (埼玉県立近代美術館)
2008年   ル・サロン展  「ART MAISON INTERNATIONAL Vol.13」収録
                   A.M.S.C地球環境芸術徳行功労賞
2008年    「BM 美術の杜 Vol.15」掲載
2012年   「遊朴館」個展    

 東洋と西洋の古代の宇宙観、四神説と黄道十二宮とを融合させた空間で、「世界は一つ、世界平和を」という私の願いを表明していることは「青龍の風」と同じですが、今回の舞台は私が学生時代を過ごした奈良です。そこでは、偉大な足跡を残した古今東西の先輩達に、想念の世界、または現実の世界で多くの事を教えて頂きました。
 そこで、私達の世代も、次世代に美しい地球を引き渡すため、環境の保全に努め、最大の環境破壊をもたらす戦争を無くさなければと諸々の活動を続けているところです。
 生命体の母船・地球号の幸せを祈って、太陽を背に佇む薬師寺の塔の上に西の守護神・白虎が現れ、”寿”の風を送っている様子を表現してみました。
 生命を育む青い星・地球号を人間自身の手で損なうことが無いように祈ります。

青竜の風Ⅰ

青竜の風 Ⅰ

                 青竜の風 I

2006年作  (50×65cm)
2006年   86回朱葉会展
2007年   SIRIUS展
2007年   ル・サロン展 「ART MAISON INTERNATIONAL Vol.12」収録
2008年   13回OASIS展(日仏共同展) マジャンタ賞
2009年   「日本芸術の創跡 2010」収録
2012年   「遊朴館」個展

 古代中国の天文学者は太陽の通り道・黄道の周りに28の星座を思い描き、それらを四等分した7つづつの星座を東西南北の守護神・青龍、白虎、朱雀、玄武が守り治めていると云う宇宙観(四神説)を持っていました。 
 青龍の下に描かれている円弧は、黄道十二宮で、古代バビロニアから古代ギリシャを経て欧州に伝わった西方の宇宙観です。私達が生命を委ねる地球号は、今も昔と変わらず、太陽の恵みのもとに活かされているのですから、古代の東洋と西洋の宇宙観、四神説と黄道十二宮を融合させた空間を作り、世界は一つという世界平和への私の祈りを表しました。
 私が18歳まで暮らした飛騨高山市の東には乗鞍、焼岳,穂高、槍などの峯峯が聳えたち、霊気を放っています。その霊気に包まれて飛騨人達は育まれ、大地の恵みに感謝しながら暮らすのですが、その有り難さを、霊気の中から東の守護神・青龍が現れ、飛騨高山の春祭りに”寿”の風(金色に光って吹き渡る風は全て寿という字の篆書体)を吹き送っている図で表現してみました。

朱雀の風 Ⅰ

朱雀の風 Ⅰ                 朱雀の風 Ⅰ

2005年作  (50×65cm)
2005年   朱葉会秋季展
2006年   11回OASIS展
2006年   ル・サロン展  「ART MAISON INTERNATIONAL Vol.11 」収録
2007年   MINERVA展 AWARD OF MINERVA 2007 受賞
               「 MINERVA 2007」収録、皇室献本
2007年    7th Ecology Earth ART展 (埼玉県立近代美術館)
2008年   トルコ日本現代芸術世界展(ベシクタシュ現代美術館)  受賞
2010年   愛蔵版マザー・テレサ伝記
       「LOVE in ACTION The Story of MOTHER TERESA」の表紙に
        採用され、ローマ法王庁、アーヘン大聖堂、インドのコルカタ
        市、ダージリン市など世界各地に贈られる
                         WPA国際親善芸術賞
2012年   LEXUS展
2012年   「遊朴館」個展 
2015年   「日本芸術の創跡 Vol.20」に収録              

 キトラ古墳は日本の古代に築かれ、その内室の東西南北の壁には、夫々の方位の守護神、即ち東の青龍、西の白虎、南の朱雀、北の玄武という四獣神が描かれ、天井には赤道、黄道、内規,外規の四つの円と、多くの星座からなる天文図が描かれています。
 これら四獣神と天文図は中国、高句麗にも見られ、アジア大陸の東部の古代の宇宙観が日本にも伝わっていたことが分かります。ところがその貴重な文化遺産が描かれている古墳の壁にカビがはえ、壁画の保存に関して、難問が生じています。
 そこで東アジアの古代の宇宙観・四神説という文化遺産を後世に伝えなければと思った時に、東欧の旅に出かけ、プラハの旧市庁舎の大時計に出会ったことを思い出しました。その時計には西洋の古代の宇宙観を表す黄道十二宮が組み込まれていたのですが、”太陽黄道”という共通項で、四神説と黄道十二宮という両宇宙観が私の頭の中で融合しました。そして”世界は一つ、是非世界平和を!”という願いが、世界に門戸を開く港町・横浜を舞台とする画像となって湧き上がって来ました。南の守護神・朱雀が私が現在暮らす横浜に”寿”の風を吹き送っています。
 

四神の風

四神の風
     
                 四神の風

2005年作・・制作(74×100cm)
2005年・・・85回朱葉会記念展
________________「アートマインド2005秋季号」掲載
2005年・・・ 5回Ecology Earth Art  (埼玉県立美術館)
2008年・・・美奏展(京都・パリ友情盟約締結50周年記念展)
_________________最優秀作家賞
2012年・・・「遊朴館」個展
2020年・・・「世界大使館最優秀美術家大賞」 

古代中国の天文学が朝鮮を経て日本にも伝わり、キトラ古墳の天文図、十二支、四神の壁画となって今日に伝わっていますが、その四神が20世紀の空気に触れた為に劣化が始まり、如何に保全するかという問題が起きました。東アジアの貴重な文化遺産であるこれら四神をカビの餌食にして滅びさせてはいけないと思い、僭越この上無いのですが、せめて私の拙い絵の中に、そのお姿を留めおこうと、21世紀の港横浜の東西南北の守り神として登場して頂きました。日没直後のビル群の上空に西の守護神・白虎が現れ、海から昇った赤みを帯びた月を背に南の守護神・朱雀が現れ、ベイブリッジ、つばさ橋がライトアップされた港湾に東の守護神・青竜と北の守護神・玄武が現れ、横浜の長久と無事を祈って風を巻き起こしていますが、その風は”寿”という字の旧い字体・篆書体です。

アンデス文明の譜 Ⅷ

アンデス文明の譜 Ⅷ

アンデス文明の譜VIII

2004年作 (50×65cm)
2004年・・84回朱葉会展
2005年・・ル・サロン展    「戦後日本美術総集Vol.2」収録
2006年・・EUROP’ ART GENEVE (スイス)
2007年・・マレーシア国立美術館収蔵作家展
________________「マレーシア国立美術館収蔵 証明書」
2008年__________「Japan-Malaysia graceful Arts」収録
2012年 _________「Art Journal Vol.73」掲載
2012年・・「遊朴館」個展
2013年・・”心の彩展” 第3回栄誉金獅子賞
—————-「BIFROST Vol.17」収録
2013年・・Japan Art Festival in Poznan (ポーランド文化交流記念展)
          最優秀作品賞受賞
2013年・・ART in YOUR MIND 国際芸術栄華賞
2014年・・「ART JOURNAL Vol.80」収録
2015年・・画集「母船・地球号への祈り」収録
2019年・・令和元年日本芸術大賞典
     「アートジャーナル歴代最高位プレミアムプライズ」受賞
      「Art Journal Vol.99」に掲載される
                  
 鎌倉の円覚寺の法堂には、小泉淳作氏による龍図が描かれています。僧侶の説明によると、暴れ龍も円相の中に納まると、仏法の守り神となって、法の雨を降らせるとのこと。ラピスラズリの円相が印象的な龍図でした。
 アンデス文明シリーズを制作しながら、21世紀の初頭の今日、イラクを始め、世界のあちこちで起こっている紛争を収める円相とは何かとの問いが絶えず心に浮かんで来ますので、閉じていない円弧を描いて、その端と端とが繋がって円相となり、世界平和への道が開かれ、荒ぶる心が鎮められますようにと祈りながら、此の作を作りました。