玄武の風

玄武の風              玄武の風

2008年作  (50×65cm)
2008年   87回朱葉会展
2009年   日中祥慶展
2009年   A.M.S.C創立15周年記念展 A.M.S.Cスペイン芸術顕彰賞
      「ART MAISON INTERNATIONAL Vol.14」収録
2012年   小石川LEXUS展
2012年   「遊朴館」個展

 日本の中世には、既に優れた抽象芸術・枯山水の庭が造られています。掃き目の付いた砂で大海原を、数個の岩で”亀”の形をした島と、その島にあると云われる神仙が住む理想郷・鳳来山を表現した庭です。
 一方で、北の守護神・玄武は、蛇が巻き付いた黒色の”亀”と云われていますから、この想念の中での理想郷・枯山水の上空にこそ玄武をとイメージが湧き上がって来ました。
 南の朱雀が夏、東の青龍が春、西の白虎が秋ですから、玄武の季節は冬です。従って雪景色の枯山水が連想させる大海原の上空に黄道十二宮がかかり、そこに玄武が現れて、”寿”の風を吹き送っている図となりました。
 我々生命体の母船・地球号の環境が著しく損なわれ、世界のあちこちで紛争が絶えない今日、世界の平和と、世界の人々の幸せを願わずにはいられません。                                        
 

白虎の風 Ⅰ

白虎の風 Ⅰ                 白虎の風 Ⅱ

2007年作  (50×65cmm)
2007年   朱葉会秋季展
2008年   8th Ecology Earth Art (埼玉県立近代美術館)
2008年   ル・サロン展  「ART MAISON INTERNATIONAL Vol.13」収録
                   A.M.S.C地球環境芸術徳行功労賞
2008年    「BM 美術の杜 Vol.15」掲載
2012年   「遊朴館」個展    

 東洋と西洋の古代の宇宙観、四神説と黄道十二宮とを融合させた空間で、「世界は一つ、世界平和を」という私の願いを表明していることは「青龍の風」と同じですが、今回の舞台は私が学生時代を過ごした奈良です。そこでは、偉大な足跡を残した古今東西の先輩達に、想念の世界、または現実の世界で多くの事を教えて頂きました。
 そこで、私達の世代も、次世代に美しい地球を引き渡すため、環境の保全に努め、最大の環境破壊をもたらす戦争を無くさなければと諸々の活動を続けているところです。
 生命体の母船・地球号の幸せを祈って、太陽を背に佇む薬師寺の塔の上に西の守護神・白虎が現れ、”寿”の風を送っている様子を表現してみました。
 生命を育む青い星・地球号を人間自身の手で損なうことが無いように祈ります。

青竜の風Ⅰ

青竜の風 Ⅰ

                 青竜の風 I

2006年作  (50×65cm)
2006年   86回朱葉会展
2007年   SIRIUS展
2007年   ル・サロン展 「ART MAISON INTERNATIONAL Vol.12」収録
2008年   13回OASIS展(日仏共同展) マジャンタ賞
2009年   「日本芸術の創跡 2010」収録
2012年   「遊朴館」個展

 古代中国の天文学者は太陽の通り道・黄道の周りに28の星座を思い描き、それらを四等分した7つづつの星座を東西南北の守護神・青龍、白虎、朱雀、玄武が守り治めていると云う宇宙観(四神説)を持っていました。 
 青龍の下に描かれている円弧は、黄道十二宮で、古代バビロニアから古代ギリシャを経て欧州に伝わった西方の宇宙観です。私達が生命を委ねる地球号は、今も昔と変わらず、太陽の恵みのもとに活かされているのですから、古代の東洋と西洋の宇宙観、四神説と黄道十二宮を融合させた空間を作り、世界は一つという世界平和への私の祈りを表しました。
 私が18歳まで暮らした飛騨高山市の東には乗鞍、焼岳,穂高、槍などの峯峯が聳えたち、霊気を放っています。その霊気に包まれて飛騨人達は育まれ、大地の恵みに感謝しながら暮らすのですが、その有り難さを、霊気の中から東の守護神・青龍が現れ、飛騨高山の春祭りに”寿”の風(金色に光って吹き渡る風は全て寿という字の篆書体)を吹き送っている図で表現してみました。

朱雀の風 Ⅰ

朱雀の風 Ⅰ                 朱雀の風 Ⅰ

2005年作  (50×65cm)
2005年   朱葉会秋季展
2006年   11回OASIS展
2006年   ル・サロン展  「ART MAISON INTERNATIONAL Vol.11 」収録
2007年   MINERVA展 AWARD OF MINERVA 2007 受賞
               「 MINERVA 2007」収録、皇室献本
2007年    7th Ecology Earth ART展 (埼玉県立近代美術館)
2008年   トルコ日本現代芸術世界展(ベシクタシュ現代美術館)  受賞
2010年   愛蔵版マザー・テレサ伝記
       「LOVE in ACTION The Story of MOTHER TERESA」の表紙に
        採用され、ローマ法王庁、アーヘン大聖堂、インドのコルカタ
        市、ダージリン市など世界各地に贈られる
                         WPA国際親善芸術賞
2012年   LEXUS展
2012年   「遊朴館」個展 
2015年   「日本芸術の創跡 Vol.20」に収録              

 キトラ古墳は日本の古代に築かれ、その内室の東西南北の壁には、夫々の方位の守護神、即ち東の青龍、西の白虎、南の朱雀、北の玄武という四獣神が描かれ、天井には赤道、黄道、内規,外規の四つの円と、多くの星座からなる天文図が描かれています。
 これら四獣神と天文図は中国、高句麗にも見られ、アジア大陸の東部の古代の宇宙観が日本にも伝わっていたことが分かります。ところがその貴重な文化遺産が描かれている古墳の壁にカビがはえ、壁画の保存に関して、難問が生じています。
 そこで東アジアの古代の宇宙観・四神説という文化遺産を後世に伝えなければと思った時に、東欧の旅に出かけ、プラハの旧市庁舎の大時計に出会ったことを思い出しました。その時計には西洋の古代の宇宙観を表す黄道十二宮が組み込まれていたのですが、”太陽黄道”という共通項で、四神説と黄道十二宮という両宇宙観が私の頭の中で融合しました。そして”世界は一つ、是非世界平和を!”という願いが、世界に門戸を開く港町・横浜を舞台とする画像となって湧き上がって来ました。南の守護神・朱雀が私が現在暮らす横浜に”寿”の風を吹き送っています。
 

四神の風

四神の風
     
                 四神の風

2005年作・・制作(74×100cm)
2005年・・・85回朱葉会記念展
________________「アートマインド2005秋季号」掲載
2005年・・・ 5回Ecology Earth Art  (埼玉県立美術館)
2008年・・・美奏展(京都・パリ友情盟約締結50周年記念展)
_________________最優秀作家賞
2012年・・・「遊朴館」個展
2020年・・・「世界大使館最優秀美術家大賞」 

古代中国の天文学が朝鮮を経て日本にも伝わり、キトラ古墳の天文図、十二支、四神の壁画となって今日に伝わっていますが、その四神が20世紀の空気に触れた為に劣化が始まり、如何に保全するかという問題が起きました。東アジアの貴重な文化遺産であるこれら四神をカビの餌食にして滅びさせてはいけないと思い、僭越この上無いのですが、せめて私の拙い絵の中に、そのお姿を留めおこうと、21世紀の港横浜の東西南北の守り神として登場して頂きました。日没直後のビル群の上空に西の守護神・白虎が現れ、海から昇った赤みを帯びた月を背に南の守護神・朱雀が現れ、ベイブリッジ、つばさ橋がライトアップされた港湾に東の守護神・青竜と北の守護神・玄武が現れ、横浜の長久と無事を祈って風を巻き起こしていますが、その風は”寿”という字の旧い字体・篆書体です。