アンデス文明の譜 Ⅷ

アンデス文明の譜 Ⅷ

アンデス文明の譜VIII

2004年作 (50×65cm)
2004年・・84回朱葉会展
2005年・・ル・サロン展    「戦後日本美術総集Vol.2」収録
2006年・・EUROP’ ART GENEVE (スイス)
2007年・・マレーシア国立美術館収蔵作家展
________________「マレーシア国立美術館収蔵 証明書」
2008年__________「Japan-Malaysia graceful Arts」収録
2012年 _________「Art Journal Vol.73」掲載
2012年・・「遊朴館」個展
2013年・・”心の彩展” 第3回栄誉金獅子賞
—————-「BIFROST Vol.17」収録
2013年・・Japan Art Festival in Poznan (ポーランド文化交流記念展)
          最優秀作品賞受賞
2013年・・ART in YOUR MIND 国際芸術栄華賞
2014年・・「ART JOURNAL Vol.80」収録
2015年・・画集「母船・地球号への祈り」収録
2019年・・令和元年日本芸術大賞典
     「アートジャーナル歴代最高位プレミアムプライズ」受賞
      「Art Journal Vol.99」に掲載される
                  
 鎌倉の円覚寺の法堂には、小泉淳作氏による龍図が描かれています。僧侶の説明によると、暴れ龍も円相の中に納まると、仏法の守り神となって、法の雨を降らせるとのこと。ラピスラズリの円相が印象的な龍図でした。
 アンデス文明シリーズを制作しながら、21世紀の初頭の今日、イラクを始め、世界のあちこちで起こっている紛争を収める円相とは何かとの問いが絶えず心に浮かんで来ますので、閉じていない円弧を描いて、その端と端とが繋がって円相となり、世界平和への道が開かれ、荒ぶる心が鎮められますようにと祈りながら、此の作を作りました。